1:風吹けば名無し:2013/06/30(日) 10:03:43.65 ID:E6ZWBteD
阪神、T-岡田の獲得検討!オリから猛烈売り込み

パのキングに興味津々-。阪神が2010年に本塁打王に輝いたオリックスのT-岡田外野手(25)の獲得調査に乗り出していることが29日、明らかになった。相手球団の売り込みを受け、検討を開始。投手中心に交換相手の人選に着手。8年ぶりの優勝へ向け、追い風が吹き始めた!!

 衝撃&仰天の情報が飛び込んできた。T-岡田を放出! それだけじゃない。オリックスから阪神へアプローチがあり、調査に乗り出していることが明らかになった。

 「話は聞いている。出したがっているらしい。くすぶっているのはもったいない? はなから、拒むつもりはない」

 阪神球団関係者が“進行形”であることを認めた。またパ・リーグの関係者は「うちにも話があったけど、まとまらなかった。オリックスは投手がほしい」と発言。セ・パ関係なく、トレードを持ちかけており、阪神にも打診があったわけだ。

 両チームの利害関係は一致している。阪神は29日の広島戦(甲子園)でサヨナラ勝ちを収めたが、一塁に入る新井は2安打を放ったものの、走者を背負った場面で、2度凡退。相変わらず、チャンスに弱く、「一塁・T-岡田」はうってつけだ。

 一方、楽天と本拠地で対戦したオリックスは、前日(28日)の逆転サヨナラ勝ちの流れに乗れずに完敗。糸井-李大浩-バルディリスの強力クリーンアップを擁しながらも弱投で、日本ハムが勝率5割に復帰したため、パでは唯一の借金チーム(31勝34敗2分け)だ。

 阪神から熱視線を浴びる男は「6番・一塁」で出場し3打数無安打。1軍復帰即先発となった前日から、7打数無安打4三振。“品評会”での内容をどう見るか。オリックスは“即戦力投手”を求めており、岩田クラスを要求すると思われる。

 「これはGMマター。どう判断するか」

 前出の球団関係者の弁だ。カギを握るのは、かつてオリックスで指揮を執り、編成にも携わった中村勝広GM(64)。ここ数年、伸び悩んでいるとはいえ、左の大砲が加われば、ガラリとチームは変わる。8年ぶりの優勝へ大きく近づくことは間違いない。出血覚悟か、それともご破算か…。阪神が決断を迫られている。

T-岡田
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130630-00000504-sanspo-base




3349800:最新人気記事:2009/05/13(水) 00:08:42.02 ID:HASEGAWA


この記事の続きを読む